1人暮らしの節約術│学生でも貯金ができる生活のポイント3選

この記事の所要時間: 359


一人暮らしをしている学生さんも多いと思いますが、一人暮らしとなると、家賃から光熱費、スマホの料金など、とかくお金がかかりますね。

アルバイトなどをして、少しでも生活費を稼ごうとしている人もいるでしょうが、生活はなかなか容易ではありません。

しかも、就活がうまくいく保証はなく、大学を卒業後に奨学金を返済しなければならない場合もありますので、今のうち少しでもお金を貯めておきたいとこです。

そこで、一人暮らしの学生でも貯金ができる節約術をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

学生でも貯金ができる生活のポイント3選

【ポイント1:食費を抑える】
一人暮らしの1ヶ月の食費は平均2万円だそうです。

そこで、まずは食費2万円以下を目標にしてみましょう。

食費を抑えるには自炊が基本です。

食材は安くて栄養価の高い鶏胸肉、納豆、豆腐、野菜、米、卵などをまとめ買いし、小分けにして冷凍保存しておきましょう。

そのあとは食材を使い切るまで、極力買い物はしないようにし、あるもので乗り切るよう工夫してメニューを考えてみてください。

週末に1週間の献立を考えておくと、とっても楽だし、節約にも繋がります。

全部を考えるのは面倒だ・・というなら1週間のメイン料理(ハンバーグ・チキンカツなど)だけでも予定を立てておくと、無駄な買い物も防ぐことができます。

また、炊飯器でご飯を炊く時には、ついでに他の食材もラップで包んで入れておくと加熱されて料理の下ごしらえを兼ねることができます。

おすすめなのが「にんじん」です。

生のにんじんをアルミホイルにくるんで、お米を炊く時に入れておくと、激甘のグラッセ風になっているんですよ( *´艸`)

ちなみに、自動販売機やコンビニは節約の敵ですので、なるべく使わないようにします。

お茶はパックの麦茶で作ってマイボトルで持ち歩くのが節約の基本!

私は学生時代に賄いつきの居酒屋でアルバイトしていたのですが、1食浮くだけでかなりの節約ができましたよ♪

お金は貯まるし食費は浮くし、最高のアルバイトでした(笑)

スポンサードリンク

【ポイント2:光熱費を抑える】
普段何の疑問も感じずに使っているものでも、実は必要のないものあります。

例えば、テレビ!

最近はスマホやタブレットがあれば十分といって、テレビを持たない学生が増えているそうです。

そして、掃除機も、一人暮らしのお部屋なら、お掃除シートや粘着シートで掃除をした方が楽ですし、電気代もかかりません。

もっと節約したいなら、ほうきと雑巾一つあればお部屋はきれいになります。

また、着るものを調節したり、湯たんぽや水枕を使って冷暖房費を節約することもできます。

他にも節約方法はたくさんありますよ。

・トイレのタンクにペットボトルを入れて水をカサ増し
・お風呂の残り湯を使って洗濯
・洗濯も下着は手洗いでお風呂に入ったついでに洗う

洗濯機を回す回数を減らすことで、電気代の節約にもなります。

さらに、調理の時には余熱を上手に使うと、電気やガスの節約、それから時短にもなります。

また電球はLEDに変えるのもおすすめ!

後々の電気代が全然違うので、初期投資としてLEDは必須だと感じます^^

節約の基本は、いかに少ないもので工夫して暮らすか、です。

なくていいものは買わない、他のもので代用できるものはするなど、シンプルな暮らしを心がけることで、次のポイントにもつながります。

【ポイント3:整理整頓する】
節約のためには無駄なものを買わないようにしなければなりません。

お部屋が散らかっている状態では、パッと見て何が必要かわかりませんよね。

自分にとって最低限必要なものを常に把握するにはお部屋の整理整頓は必須です。

また、食費や光熱費、通信費、交際費など、何にどのくらい使っているか、支出の内容を把握しておくことも大切です。

頭の中も整理整頓して、自分なりのルールを作って節約しましょう。

私はお店で欲しいものがあった場合、自分自身に「これって本当に必要なの?」と問いかけます。

まだ使えるものが自宅にあったり、ただ衝動的に欲しい場合などはこの問いかけによって、また今度にしようと諦めの気持ちが生まれます。

あなたも是非やってみてください^^

まとめ

節約がうまくいく鍵は、楽しんでやれるかどうかです。

目的を持って生活を工夫し、やりくりすれば節約になりますが、嫌々やって悲壮感漂ってしまえば、それは貧困です。

節約した先の自分の未来を信じて、賢く節約生活を楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク



おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


旬な話題を先取りチェック!

  1. 2017年の秋から始まる仮面ライダーの情報が早くも出回っているようです。 去年のエグゼイドの時…
  2. お友達との連絡手段やコニュニケーション手段としてLINEを使う人は多いと思います。 好きな男性…
  3. 父の日には、何を贈るか毎年迷ってしまうという人も多いと思います。 いつもお世話になっているお義…
  4. 夏になると気になり始めるのが、肌の老化を進める恐ろしい日焼けですが、皆さんはきちんと紫外線対策を…
  5. 母の日にカーネーションを贈るようになったのは、アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が亡き母…
  6. 春の味覚の代表「たけのこ」は、煮物に汁物に炊き込みご飯にと、いろいろなお料理に使えて、大活躍です…
  7. 最近はおしゃれなカフェもたくさんできてちょっとしたカフェブームですね。 世の中には似たよう…
  8. 毎年高いお金を払って予防接種していた我が家・・ それでもやっぱり今年もインフルエンザAに感…

ピックアップ記事

管理人の口コミ体験記

  1. 第25回白老牛肉祭りに行ってきました♪ あいにくの雨だったと寒かったのが残念! でも美味しい…
  2. ドルチェグストを買ってからめっきりコンビニでのコーヒー購入が減りました。 種類が多いので飽きな…
  3. ミスタードーナツで発売された ブルックリンジャーを買いました♪ 店頭でサンプルを見たのですが…
  4. サントリーから発売された「ヨーグリーナ」が 売れすぎて夏頃まで販売休止だそうですね。 本日、…
  5. 毎年この時期になると 我が家では手作りイチゴジャムを作ります♪ 半年分は作るので作るのが大変…

カテゴリ

ピックアップ記事

  1. 大晦日には年越しそばという家庭も多いと思います。 でも何気なく食べている年越しそばっ…
  2. 年末年始は年越しそばに、お雑煮やおせち、親戚で集まってご馳走を食べる機会も多いですよね。 …
  3. ご馳走を食べる機会の多い年末年始は、お酒を飲む機会も多いので、暴飲暴食になりがちです。 お…
  4. 独身の頃のように贅沢なものは無理だけれど、いつも家族のために家事や育児に頑張る奥様へ、何かクリス…
  5. クリスマスに奥様に贈るプレゼントを何にするか、迷っている優しい旦那様も多いと思います。 う…
  6. クリスマスのごちそうにかかせないローストビーフですが、1日で食べきれない場合も多いですよね。 …
  7. インフルエンザが流行すると 必ず学級閉鎖や学校閉鎖になる 地域があると思います。 感染して…

運営者情報

女性 ロングヘア セット
管理人:花愛(はな)

ご訪問ありがとうございます。 北海道に住む6歳の男の子と3歳の女の子のママです。

巷で話題のニュースをアラサー主婦目線でチェックしています。

育児の合間にお茶でも飲みながらご覧頂けると嬉しいです。
北海道のグルメ&イベント情報もご紹介しています♪
>>プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る