尿管結石の予防法│食べ物や運動で注意すべきポイントは?

この記事の所要時間: 433


尿管結石になってしまった私ですが、実はまだ体の中に小さい石が数個残っています。

泌尿器科にかかった時に、「普段の生活習慣を改善するだけで、予防はできるんだよ」と先生に言われました。

これ以上、体に石を増やしたくな~い!

そう思って、尿管結石を予防できる方法を詳しく調べてみたので、早速ご紹介しますね。

スポンサードリンク

一度でも尿路結石を発症した方は、腎臓に石ができやすい体になり、再発しやすくなるようです。

ただし、日頃の生活を少し変えるだけで、予防が可能な病気なので、是非覚えておきましょう。

食事で注意する事とは?

尿管結石の原因を作りやすいのは、主に肉類が中心のいわゆる欧米化の食事です。

肉を食べると尿の成分のシュウ酸や尿酸の結石の材料になる成分が増えてしまいます。

貧血対策の栄養補給にも欠かせないレバーや美味しい食材のエビ、たらこなどにも尿酸を上昇させる働きがあるんですよ。

この成分はプリン体といい、痛風の原因にもなります。

シュウ酸を多く含んでいる食べ物には、ほうれん草、大豆、ナッツ、チョコレートなどがあります。

ほうれん草をゆでて食べるのはシュウ酸の含有の為で、サラダ用以外の時にはかならずゆでて食べるようにしましょう。

飲み物にも注意が必要で、良く口にする緑茶と紅茶、コーヒーといった嗜好性が高い飲み物に気をつけましょう。

シュウ酸の吸収を抑えるには、カルシウムの摂取が効果的で、魚類・乳製品がありますね。

牛乳やヨーグルト、小魚のスナックなど、普段の生活に取り入れやすい食べ物を選ぶようにしてください。

運動で注意する事とは?

結石になる人は、運動不足が多いと言われています。

水分を摂って運動をすると、その刺激で腎臓から尿管まで流れ、知らない間に体外に排出される事もあるんです。

また全身の運動をすると、代謝が高くなり、尿管の動きが活発になりそうなると、尿の停滞を防ぐ事ができ、結石が体外から排出されやすくなります。

必ず水分補給してから運動をしないと、結石が排出されにくくなるので注意してくださいね。

運動は、なわとび・屈伸運動・階段の上り下りなどが有効です。

運動不足は肥満の素、同時に結石の素でもある事を、を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

ここまでまとめてみると、結石を予防する為には

・食事の肉の量を減らす
・プリン体とシュウ酸の食材を控える
・カルシウムの多い食材を一緒に食べる
・糖分、脂肪と塩分、アルコールを控える
・寝る前の食事を控える
・適度な運動をする
・水分をまめに補給する

以上が結石の予防に大切な事といえます。

こうしてみると、生活習慣病の原因になることを避けるのが、結石の予防にも欠かせないのが分かります。

運動をして水分を補給して、肉と野菜をバランス良く食べておやつは控える。

結石の予防と共に、ダイエットにも成功しそうなスケジュールですよね・・

肥満、痛風など一緒に起こりそうな症状の予防も兼ねて、健康な身体の循環を守っていきましょう!

食事や運動よりも大事な事は?

食事や運動で予防する事も大事なのですが、しばらく経つと結石の事を忘れてしまい、普通の生活に戻ってしまう人も多いのが現実。

そこで、コレだけは日々実践してもらいたいのが【水分補給です。

尿管結石は、日頃水分を摂らない人や尿意があっても我慢してしまう人がなりやすいと、先生に言われました。

私はどちらにも当てはまります^^;

1日の水分量は食事以外で1日2リットルは飲んでください、と言われました。

水を飲むばかりではなく、尿意を感じたらすぐにトイレに行って、排出してくださいとのこと!

尿意を我慢すると尿酸値が上がってしまい、かえって体に石が作られやすいそうです。

水が一番おすすめのようですが、麦茶などノンカロリーのお茶でも良いです。ビールやコーヒーなどは基本NG★

水分補給を実践する事で、1年毎に発症していた人も3年の間隔が空いたとのことで、やってみる価値ありですよ。

石を持っている以上、いつかはまた痛い思いをするのですが、できれば間隔を長くあけたいですよね^^;

食事や運動よりも実践しやすいと思うので、是非やってみてくださいね。

まとめ

予防していても、月日が経つと結石だった自分を忘れて、つい通常の生活に戻ってしまうんですよね(T_T)

そして再発して、水のんどきゃよかったー!と後悔する自分が目に浮かびます(笑)

病院の先生もとにかく水を飲みなさい!と食事療法よりも強く言われたので、現在実践中です。

同じく石を持っているみなさんも、水分療法を試してみてくださいネ。

関連記事
尿路結石の症状│女性にも急増中!?その原因とは?【体験記】
尿路結石・・それは男性が発症する病気だと思っていた私ですがこの度、尿路結石の診断を受けました(笑)女性で発症するなんて私の頭の辞書にはなかったもので、相当焦りましたが最近は20代30代の女性でも、当たり...
スポンサーリンク



おすすめトピック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


旬な話題を先取りチェック!

  1. 2017年の秋から始まる仮面ライダーの情報が早くも出回っているようです。 去年のエグゼイドの時…
  2. お友達との連絡手段やコニュニケーション手段としてLINEを使う人は多いと思います。 好きな男性…
  3. 父の日には、何を贈るか毎年迷ってしまうという人も多いと思います。 いつもお世話になっているお義…
  4. 夏になると気になり始めるのが、肌の老化を進める恐ろしい日焼けですが、皆さんはきちんと紫外線対策を…
  5. 母の日にカーネーションを贈るようになったのは、アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が亡き母…
  6. 春の味覚の代表「たけのこ」は、煮物に汁物に炊き込みご飯にと、いろいろなお料理に使えて、大活躍です…
  7. 最近はおしゃれなカフェもたくさんできてちょっとしたカフェブームですね。 世の中には似たよう…
  8. 毎年高いお金を払って予防接種していた我が家・・ それでもやっぱり今年もインフルエンザAに感…

ピックアップ記事

管理人の口コミ体験記

  1. 先日キャンプへ行ったのですが 友人が朝ごはんに作ってくれた バウルーのホットサンドが美味しくて感…
  2. ドルチェグストを買ってからめっきりコンビニでのコーヒー購入が減りました。 種類が多いので飽きな…
  3. 最近、米倉涼子や平子理沙が テレビで紹介した【バスコーソ】。 ずっと在庫切れで買えずにいたの…
  4. ミスタードーナツで発売された ブルックリンジャーを買いました♪ 店頭でサンプルを見たのですが…
  5. 2月12日から発売のミスドピザ 「ピッツァチョコラータ」を食べてみました♪ 最近なにげにミス…

カテゴリ

ピックアップ記事

  1. 大晦日には年越しそばという家庭も多いと思います。 でも何気なく食べている年越しそばっ…
  2. 年末年始は年越しそばに、お雑煮やおせち、親戚で集まってご馳走を食べる機会も多いですよね。 …
  3. ご馳走を食べる機会の多い年末年始は、お酒を飲む機会も多いので、暴飲暴食になりがちです。 お…
  4. 独身の頃のように贅沢なものは無理だけれど、いつも家族のために家事や育児に頑張る奥様へ、何かクリス…
  5. クリスマスに奥様に贈るプレゼントを何にするか、迷っている優しい旦那様も多いと思います。 う…
  6. クリスマスのごちそうにかかせないローストビーフですが、1日で食べきれない場合も多いですよね。 …
  7. インフルエンザが流行すると 必ず学級閉鎖や学校閉鎖になる 地域があると思います。 感染して…

運営者情報

女性 ロングヘア セット
管理人:花愛(はな)

ご訪問ありがとうございます。 北海道に住む6歳の男の子と3歳の女の子のママです。

巷で話題のニュースをアラサー主婦目線でチェックしています。

育児の合間にお茶でも飲みながらご覧頂けると嬉しいです。
北海道のグルメ&イベント情報もご紹介しています♪
>>プロフィールはこちら
ページ上部へ戻る