ユリ根の食べ方や処理の方法、体にどんな効果があるのかチェック!

11月に入り、さらに冷え込んできましたね。
全国各地で初霜もおり、いよいよ冬到来です。

北海道では全国に先駆けて、10月に初霜が降ります。
そのころ、ユリ根が収穫されているのをご存知でしたか?

ユリ根というと、おせちに使われている印象がありますが、
それ以外にはどのように食べられているのでしょうか?

今日はユリ根の処理の方法から・レシピ・効能を調べてみました。

ユリ根とは?

kai2
ユリ根とは、その名の通りユリの球根です。

一般的には、食用にできるユリの
球根を指すことが多いようです。

ゆりは灰汁が多いので灰汁が少ない
種類が食用として使われています。

代表的なものには、オニユリコオニユリがあります。

ユリ根の産地はほとんどが北海道産!

真狩村という地域で95%が
生産されているそうで道民
ながら知りませんでした^^;

ユリの球根には養分がたくさん
貯められているから栄養たっぷりで
漢方薬にも使われているほどなんです。

下処理の方法とは

ユリ根はちょっと下処理が難しそう
に見えますが、意外と簡単なんですよ^^

処理方法をご紹介していきますね。

① 色の変わった部分をむき取ったら、縦に半分に切る。
② 根の部分にV字に包丁を入れて根を取る。
③ 鱗片を1枚ずつはがして、水で洗う。
④ 茶色い部分を包丁で取り除く。
⑤ 半透明になるまで熱湯で2分ほど塩ゆでする。
⑥ 茹でたら水に取って冷ます

これならちょっと料理に
自信がない人でもできそうですね。

ポイントは、半透明になったら鍋から引き上げること!
火が通りやすいので、注意してください。

処理が完了したら
気になるのは食べ方ですよね(*^_^*)
****

ユリ根の食べ方

ユリ根の食べ方と言ったら、
お正月に食べるユリ根の含め煮や
茶わん蒸しが定番ですね。

ほんのり桜色にそめたユリ根が
茶わん蒸しに入っていると、
それだけで上品な料理に感じます。

その他にも、ユリ根のほくほくした食感を活かした、
ユリ根のホイル焼きもおいしそうですよ。

バターや醤油でシンプルに味付けして食べたら
ユリ根本来の味が楽しめそうです。

簡単に素揚げにしたり
グラタンに入れてもOK!

クックパッドにはユリ根のレシピが
たくさん掲載されているので色々な
食べ方を楽しんでみてはいかがでしょうか。
ユリ根のレシピ(クックパッド)

ユリ根の効果や効能とは

ユリ根の主成分は炭水化物なので
エネルギー源になります。

カリウム・亜鉛・鉄・葉酸・マグネシウムなど
多くの栄養素を含んだ栄養満点の食材なんです♪

特にカリウムは含有量が多く
むくみが気になる人におすすめ!

カリウムには利尿作用もあるので、
老廃物を体外に出してくれる働き
もあるんですよ。

漢方では、滋養強壮・咳止め・
利尿に用いられています。

イライラ解消にも効くようですよ。

むくみが気になっている女性って多いと
思うので女性に積極的に摂取してもらいたいですね♪

まとめ

ユリ根について調べてみましたが
いかがでしたでしょうか。

思っていたよりもユリ根は
下処理が簡単にできるんですね^^

漢方薬にも使われるほど栄養がある食材だから、
もっといろいろな料理に取り入れたいと思いました。

11月が一番旬なユリ根なので
年末にむけて色々活用したいですっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。