処暑の食べ物│おすすめの食材とは?2015年はいつ?意味も詳しく

処暑ってあまり聞きなれない言葉ですが
あなたは知っていますか?

実は私も最近知った言葉で
早速調べてみたんです。

どうやら処暑の頃に食べる食材まで
あるようなので調査してみました。

処暑とは?2015年はいつ?

処暑日付
処暑(しょしょ)とは二十四節気の一つで
立秋の後、旧暦の七夕(8月20日)
の後が処暑といわれています。

2015年の暦を見てみると
処暑は8月23日からになりますね^^

そこから9月6日頃までが処暑の時期です。

二十四節気は昔に作られた季節の目安なので
今では気候の変化など少し違和感を
感じることもあります。

処暑の意味は
【暑さが収まる時期】
を示しているとされます。

処は一文字で
「止まる」ことを意味します。

これに暑がつくのですから
言葉としてはそのままの意味ですね。

実際のこの時期ってまだ暑いので
残暑の季節を感じるには早い気も^^;

ここを過ぎると二十四節気の言葉も
涼しさや寒さを示す言葉が続くようになります。
****

処暑に食べるものとは

処暑の食べ物
昔から暑い季節は体力を奪われがちです。

最近はビニールハウス栽培があったりと
季節感も失われがちですが昔はその季節に育ち
収穫された旬の食べ物を口にしていました。

昔ながらの食事が健康に良いのは
それぞれの食材が一番栄養価が高い
時期のものを食べていたからなんですね。

養殖・人工栽培と天然物では味も全く
違ってしまいますしその分栄養価も
違いがあると考えてよいでしょう!

この暑い季節、秋の入口に
旬を迎える食材はたくさんあります。

処暑に食べる代表的な食べ物のサンマ
実はまだ旬の季節には早いのですが
漁獲量が多く値段も安く手に入ります。

今では冷凍もので沢山出回っていますが
季節に関わらずある程度脂が乗った
状態でいつでもいただけますね^^

半夏生でも口にされるサンマですが
処暑にも多く口にされます。

(関連記事:半夏生とは?)

あの苦~い肝は実はビタミンの宝庫なんですよ。
苦手な方も多いと思いますが捨てるのは
もったいないんですっ。

肝が苦い原因は時間が経って胆汁が肝に
回ってしまうのが原因なので本当に
鮮度が良い所では苦味が無い状態を味わえます☆

漁師町ならではの味ですが
海沿いを訪れた時には気になる味覚ですね(^q^)

青魚らしく健康効果は高く、動脈硬化の防止も
含めて気になる生活習慣病対策にも
積極的に食べたい食材です。

サンマ以外にも

・魚の干物
・大根
・白菜
・カブ
・わかめ
・海苔
・ひじき

といった食材も多く食べます。

大根や白菜は味噌汁の具材にも多く
使われるので比較的食べている人も
多いと思います。

先のサンマの塩焼きにも付け合せにされる
大根おろしも風邪気味の時には効果が高い食べ物。

生でも、熱を加えても美味しくいただける
大根は日本の食材には欠かせませんよね!

そして海藻類はミネラルが多く含まれているので
ビタミンだけでなく健康の維持の為には欠かせません。

貧血やだるさに悩まされている方は
お味噌汁に入れたり煮付けにしたりして
食べやすい形で取り入れましょう!

わかめは酢の物にしても美味しいですね♪

まとめ

東京地方で8月23日が処暑と聞いても
まだ暑い時期なのであまり実感が
ないかもしれませんね。

ただ、北海道での8月後半は
既に秋・・処暑を感じられずにはいられません。

夏バテの体を処暑の時期に
回復できるように栄養の高い
食べ物をいっぱい食べましょうね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA