かき氷を食べた時の頭痛原因や治し方とは?天然水は痛くないらしい

夏になると一度はかき氷を食べたくなりますよね。

ところで、どうして食べ過ぎると頭が
キーンとなるのでしょうか。

頭痛とも違う、不思議な感じ・・
治し方も合わせてチェックしてみました。

食べた時に頭痛が起こるのはどうして?

頭が痛い
かき氷を食べた時に歯や頭に起きる
キーンとした頭痛。

かき氷やアイスなど食べた時に起こる
頭痛の事を「アイスクリーム頭痛」といいます。

かき氷よりもアイスの方が実は
温度が7度も低いので痛みを起こしやすい食べ物
なので名前にはアイスクリームが使われているそう^^

冷たいものを口に急に沢山詰め込むと
口の中から頭に冷たい信号が一気に伝わります。

冷たい!!(>_<)の信号が多すぎると
脳は冷たさとしてではなく痛みとして
受け取ってしまい血管を縮めてしまうんです。

そして血管が縮むと血の流れる量が
変化してしまいそれが原因で
頭に響く痛みを起こしてしまう・・

というのがアイスクリーム頭痛の原因です。

痛みの大本は周囲から極端に冷えてしまった
口の中を温める為に脳の血管に
一時的ではありますが炎症を起こすのです∑(・・;)

治し方はある?

この頭痛は口の中が冷たくなることで
引き起こされるのですが治し方は

【頭を冷やす】ことです!

風邪で熱を出した時おでこを良く冷やしますが
これが一番効果があるんだそうです。

冷えて痛くなったことの対処法が冷やす・・
なんだか信じられない感じがしますよね^^;

でも辛い炎症を抑える為に
効果的なのはやっぱり冷やすのが一番です。

他に治し方はないのかな?と思ったら
母が以前「伊東家の食卓」で

【かき氷が入っている容器自体を
おでこに暫くあてていると治る】

という話を聞かせてくれました。
母は今でもこれを実践しているそうで(笑)

実際に調べるとネットでも同じような
情報が出てきました^^

ん?でも結局頭を冷やす原理と
一緒でしたね(´Д`;)

一番てっとり早い冷やし方が
容器をあてる・・という事ですね!
****

天然水だと痛くならないのは何故

0c076b4884b89e7cdfd919b94a09934d_s
以前テレビで見たのですが天然水で
作ったかき氷はいくら食べても頭が
キーンとしないようなんです。

どうやら氷の作られ方に違いがあるようです。

天然水は屋外の自然の気温の中で
管理されて作られた氷の塊です。

冷凍庫の-18度で作った氷よりも同じ零下でも
比較的高い温度(-1度など氷が張るギリギリ)で
時間を掛けて凍結させ手を掛けて形を整えたりします。

急激に無理やり凍らせた氷と違って
空気を含んでいるので口に入れた時に
氷の冷たい刺激を直接受けにくく柔らかい食感になります。

天然水で作ったというだけでも美味しそうに
感じられますが氷の温度の高低、作り方の
違いが生み出したマイルドさが要因だったんですね。

ただ、いくら天然水のかき氷といえども
一気に口に入れたら多少は頭が痛くなるでしょう^^;

痛くならないというよりは痛くなりにくい
という方が正しいかもしれませんね。

頭だけでなくかき氷が収まるお腹も
冷えると痛くなりやすいのでくれぐれも
かき氷の食べ過ぎには注意をして下さいね!

まとめ

食べ過ぎ注意!といっても
暑い夏はやっぱりかき氷なんですよねぇ(笑)

北海道には天然水のかき氷屋さんって
聞いた事がないのですがテレビでは
その天然水のかき氷を求めて遠方から
やってきて大行列作ってました。

まろやかで美味しいそうです。
いくら食べても頭がキーンってならない
って話してたので一度は食べてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。