イチゴジャムの作り方│冷凍用に保存可能なレシピで作ってみました♪

WS000641毎年この時期になると
我が家では手作りイチゴジャムを作ります♪

半年分は作るので作るのが大変なのですが
やっぱり市販品と比べたら美味しさが段違い。

冷凍保存可能なレシピをご紹介します。

イチゴジャムの作り方

私は毎年クックパッドの
イチゴジャムレシピで作っています。

色々作り方はありますが
冷凍保存もできて他にもジュースまで
作れるレシピなので重宝しています。

早速作ってみます♪
まずは見てください!!

↓↓

P1060808

5キロのイチゴ達ですヽ(*´∀`)ノ
近所のイチゴ農家さんから買っております。

これを洗って水気を切ります!
注:洗う前にヘタを取ってしまうと
水っぽいジャムになるのでヘタを付けたまま洗う

↓↓

P1060813

水気がきれたらヘタを取って
鍋に入れる。←苺のグラムを計りながら入れるコト★

↓↓

P1060811

写真は計って1キロのイチゴです。
これに苺の分量の60%のグラニュー糖を加えます。

我が家の場合は1キロのイチゴなので
グラニュー糖は600グラムです。

↓↓
P1060812

うわっ(;´д`)これ見るとイチゴジャムって
ハイカロリーだなーと実感・・。

しかし保存用ですからカビないように
お砂糖はたっぷりと!

これにレモン汁を適量入れて
半日から一晩放置する。

レモン汁・・我が家は
1キロの苺に対して大さじ3程度
入れています。お好みですかね^^;

そして1晩放置したのがこちら

↓↓

P1060815

苺からたっぷりの水分が出ています♪
これを弱い強火で沸騰させていきます。

沸騰してくるとアクがどんどん
出てきますよ~。

↓↓
P1060818

アクを水300ml入れたボールに
すくっていきます。

アクはムースとして使えるので
捨てないでくださいね★
****
そしてアクを入れた水も
イチゴ水としてジュースになります。

アクがとれたら中火にして
20程度煮詰める。

↓↓

P1060822

こんな感じに半分以上に量が
減ってしまいましたー^^;

長く煮詰めると色が悪くなるようなので
苺が透き通って煮汁もとろりとしたら
20分待たずに火を止めてOK!

我が家は15分程度で完成しました♪

ちなみに、煮汁が多い場合があって
とろみが少ないと思われたら
ボウルなどに煮汁を少し取ってください。

↓↓

P1060823

↑こちらは2キロで作ったのですが
多く作ると煮汁の量も多いのかな?
って感じがします。

左の鍋に煮汁を取り分けました。
おたまですくうと必ず苺が入ってくる・・
そこは気にしないヽ(´▽`)/

取り分けた煮汁は
ジップロックなどで冷凍して
後日かき氷のシロップとして使います。

めちゃくちゃ美味しいんですよ!!
煮汁あまれ~って思いながら作っていますww

話は戻って・・
完成した苺ジャムを熱いうちに
煮沸消毒した容器に入れていきます。

注:容器の煮沸消毒は必ず行うこと!!

粗熱が取れたら冷凍庫へ入れて
保存して完成です。

P1060825

1キロの苺で市販のイチゴジャム瓶
4、5個分は作れるかなって感じです。

このレシピのスゴい所は
捨てるものがないって事です。

アクはムースとして食べれるし
イチゴ水はジュースとして

そして余った煮汁はお菓子作りや
かき氷のシロップとして♪

↓↓

P1060829

↑これは5キロ分のイチゴジュースです。

子供達が毎年楽しみにしていて
水で割ったり、炭酸で割ったりしてます。

イチゴゼリーにもなるそうです♪

私が重宝させてもらっている
レシピはこちらです。
Cpicon フレッシュ☆保存できる自家製いちごジャム by シルフィー

手作りジャムを使った
ケーキや蒸しパンレシピも気になるので
今度作ってみたいと思います。

味もとっても美味しいので
皆さんも作ってみてくださいね♪^^

最近は塩レモンも気になっています。
塩レモンの作り方とは?

酸っぱいの苦手だから
ちゃんと使えるのか心配だけど^^;