【夏の折り紙】花火の折り方とは?立体的に作る方法もチェック★

夏の花といえば空に咲く大輪の
花火も綺麗なものです。

大きな花火は花火大会に
見に行かないとなりません。

残念ながら会場までは出かけられない
天気が悪くて中止になってしまった・・
そんな時にも折り紙はオススメです!

折り紙で花火を折ろう

e37ad140b02a26dd8fd99badf4316eac_s

花火の折り方もたくさんあるのですが
中でも簡単に作れて子供と一緒に
作れそうな花火をチョイスしてみました^^

早速ご紹介しますねっ。

 

まず・・お子さんと作るならこちらが
おすすめです(*^_^*)

一枚ごとにきっちり形を合わせて
作ると見栄えもしますし
誰でも簡単に作れるのは魅力です。

 

花火職人にも難しい四重芯花火だって
これなら簡単に作れちゃいます☆

子供達も喜びそうな予感♪

 

次は、平面図で花火を折ろうと思っている方には
こちらの折り方が良いと思います。

結構大掛かりな作品なので
折り紙も結構な枚数(16枚)が必要です。

 

表面にグラデーションの模様が付いた
折り紙を動画で使用していますが
紙の色を変えて並べても綺麗ですね(^▽^)

 

ダブルカラーも良いと思います。
投稿者さんご自身が自分の声で
解説しているので折り方だけよりも
更にわかりやすく折ることが出来ます。

 

動かない作品としては
こちらも綺麗な幾何学の形をしています。

使用している紙も綺麗で素敵ですね。

 

先に紹介させていただいた作品も
こういう紙を使うと綺麗に見えます。

 

仕上がりの色合いを意識して
カラフルに仕上げましょう!

 

こちらは最後に台紙にのりで貼って
仕上げるので台紙と組み上げ用の
パーツの8枚の合計9枚が必要になります。

スポンサードリンク

立体的な折り方もチェック

GUM01_CL01034

平面の折り紙花火でも十分完成度は
高いのですが更に立体で作ることによって
更に完成度の高い花火の折り紙が作れます。

 

まずは十二枚組の折り紙です。

 

パーツを作る忍耐と根気も必要なのですが
組み上がった時に動かせる事は最大の楽しみだと思います♪

 

動画を二つ紹介させていただきますが
作品の作りとしては同じものです。

 

色合いの違いでの変わる印象の
違いも見比べてみましょう^^

 

こちらでは最初に完成図から紹介されていますので
どういう動きをするかのイメージがつかみやすくなっています。

 

【YUNOの折り紙 花火(折り紙12枚) – YouTube】

 

作品としては上の動画と同じですが
どう組み上げれば綺麗に仕上がるか
動くかを改めて確認してみるのに良い作品です。

【動く「花火」折り紙 – YouTube】

身近な動物、植物、日用品
それに季節の風物詩まで。

 

紙で形にしてしまえる折り紙って
本当にすごい遊びですよね!

 

子供が大きくなった最近まで折り紙から
遠ざかっていましたがやってみると
大人も夢中になるくらい楽しいです。

 

日頃挑戦する機会が無い方も
お子さんに付き合わされて…という方も
是非挑戦してみてくださいね。

まとめ

昔は折り紙の本を見ながら
あーでもない、こーでもないと
言いながら折っていました。

 

今は動画で折り方が見れるっ
ていうのが画期的ですよね!

 

文章では理解しにくい事が
動画なら一発でわかるし・・^^
本当に便利な世の中です。

 

不器用な私も動画を見ながら
子供と一緒に作ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA