キャンプファイヤーのゲーム│大人数で楽しめるアイデアまとめ


大勢で楽しむアウトドアの楽しみといえば、キャンプもその一つですね。

キャンプといえばやっぱりキャンプファイヤー!

小学校の林間学校などでやった記憶があるかと思いますが、夜暗い中、揺れる炎を囲んで過ごすキャンプファイヤーは大人がやっても楽しめます。

そんなキャンプファイヤーではゲームをするといっそう盛り上がり、いい思い出になりますよ。

そこでキャンプファイヤーの時におすすめのゲームをご紹介します。

大人数で楽しめるキャンプファイヤーのゲーム

【進化ジャンケン】
ジャンケンに勝つと「タマゴ」⇨「ひよこ」⇨「ニワトリ」と進化していき、「ニワトリ」でもう一度勝てばゴールというゲームです。

ただし、いくつかの条件をクリアする必要があります。

① 全員「タマゴ」からスタートし、相手を見つけてジャンケンします。
② ジャンケンに勝ったら「ひよこ」になり、負けたら「タマゴ」のままです。
③ 相手を変えてまたジャンケンし、勝てば進化できますが、負ければ一つ前の姿に戻ります。
④ ジャンケンは同じ姿の人としかできません。
「ひよこ」なら両手でタマゴを表す輪っかをつくり頭の上に乗せ、「ひよこ」なら両手で小さく羽ばたく仕草をします。
「ニワトリ」なら片手を頭にのせトサカを作り、片手を尻尾に見立てお尻に当てます。
⑤ 「ニワトリ」同士でジャンケンして勝ったらゴールです。
ゴールした人はリーダーの後ろに並びましょう。

みんなゴールするのに必死になり一生懸命自分と同じ姿の人を探すので、知らず知らずにコミュニケーションをとることができます。

ゲームの初盤に行うのがオススメです。

【猛獣狩り】
キャンプファイヤーの定番ゲームで、幅広い年代で楽しめます。

ゲームの中のどのタイミングでもできますが、みんなが馴染んで親しくなったころやると、より一層盛り上がりますよ。

やり方は次の通り。

① リーダーが歌います。
「猛獣狩りに行こうよ、猛獣狩りに行こうよ」
「猛獣なんて怖くない、鉄砲だって持ってるし、槍だって持ってるもん」
② ここで、リーダーが動物の名前を言います。
③ 動物名を言われたら、その動物名の文字と同じ数のグループを作り、その場に座ります。
ライオンなら4人、トラなら2人、チベットスナギツネなら9人です。
初めは「トラ」、とか「イヌ」でスタートし、慣れてきたら、「シロテテナガザル」とか、「ニホンツキノワグマ」とかいうと盛り上がりますね。

動画を見るとわかりやすいです。

シチュエーションは違うかもしれませんが、参考になるかと思います^^
****
【CCファミリー】
キャンプファイヤーの最後にぴったりのレクリエーションです。

リーダーとみんなが交互に声を出し合い、最後には一体感を味わえます。

リーダー「元気を出して」
みんな「イエーイ」

リーダー「CCレモン」
みんな「イエーイ」

リーダー「うまくいったら」
みんな「イエーイ」

リーダー「CCレモン」
みんな「イエーイ」

リーダー「いつも元気でフレッシュなCCファミリー(※男の子〜)」
男性「わーい(集まって)CCファミリー、イエーイ」

※部分は自由に変えてOK。当てはまる人が「イエーイ」と言って集まります。最後に「今日楽しかった人〜」と言って、みんなが「イエーイ」となれば、そのキャンプファイヤーは大成功と言えますね。

大人数の場合はその場で「イエーイ」だけでもいいかもしれません。
こちらもわかりやすいように動画をのせておきます。

まとめ

キャンプファイヤーの時に行うゲームを厳選して3つご紹介しました。

どのゲームも盛り上がるし、初めて会うお友達と更に交流を深める事ができるかと思います。

別記事でも、大人数で遊べるゲームを紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事
[blogcard url=”https://news-neta.com/%E3%80%90%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%80%91%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E6%95%B0%E3%81%A7%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80-6087”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA