母の日のカーネーション│人気の色とそれぞれの意味をチェック!


母の日にカーネーションを贈るようになったのは、アメリカに住むアンナ・ジャービスという少女が亡き母への追悼の意を込めて白いカーネーションを祭壇に飾ったのが始まりです。

これがのちに、母親が亡くなっている場合は白、存命の場合は赤、と区別されるようになりました。

しかし、今ではお店に行くといろんな色のカーネーションが売っていて、自分の好きな色を選ぶことができますね。

色によって花言葉が違うカーネーションは、選ぶ色によって贈る意味合いも変わってきます。

そこで、母の日に贈るのにピッタリの人気の色や、それぞれの花言葉をご紹介します。

カーネーションの人気の色は?

【赤いカーネーション】

カーネーションといえば、やっぱり定番の赤!

もともと母の日には、赤いカーネーションを贈るもの、と決められていましたので、今でも赤いカーネーションを選ぶ人は多いと思います。

真っ赤なカーネーションは目にも鮮やかですし、まさに母の日に贈る色として、王道と言えますね。

【ピンク色のカーネーション】

優しいピンク色のカーネーションもとても人気があります。

赤ではありきたりとか、少しきついかな、と感じる人にはもってこいの色です。

誰にでも好まれる色ですので、送る時には安心感があります(o^―^o)

【オレンジ色のカーネーション】

ビタミンカラーで元気な印象を与えるオレンジ色のカーネーションは、はつらつとして明るいお母さんにぴったりです。

私は去年の母の日にオレンジ色のカーネーションを贈ったのですが「こんな色もらった事がないから嬉しい」と言われましたよ♪

年配の方は赤・ピンクなどの定番しか見た事がない人も多いので、渡すと嬉しいビックリをしてくれるかも★

【青や紫のカーネーション】

カーネーションにはもともと青系の色素がありませんでしたが、近年品種改良に成功し、紫に近い青系のカーネーションが市場に出回るようになりました。

人と同じではつまらない、珍しいものが好きだという人にはいいかもしれませんね。

ただし、普通のカーネーションより少し価格が高いのがデメリット^^;

カーネーションの色の意味とは?

もちろん贈る人の好みでカーネーションの色を決めて構わないのですが、実はカーネーションにも花言葉があり、色によって意味が違ってくるんです。

赤:「母への愛」「熱烈な愛」
ピンク:「感謝の心」「温かい心」「美しいしぐさ」
オレンジ:「純粋な愛」「清らかな慕情」
紫:「誇り」「気品」

なんとなくどれも色から感じるイメージそのままの花言葉ですね。

全ての色の意味をみても、どの色を贈っても大丈夫そう^^

ただし、ここで気をつけたいのが次にご紹介する黄色と白の2色です。

黄色のカーネーションの花言葉は、「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」という意味があったりするんです。

黄色は、日本ではビタミンカラーで元気が出る色のように思われていますが、西洋ではあまりいいイメージがないようで、花言葉を知ってしまうと黄色いカーネーションは選びにくくなりますね。

また、白いカーネーションには「尊敬」「亡くなった母を偲ぶ」という意味があり、そもそも亡くなったお母さんに贈る色ですので、わざわざ選ぶ必要もないかもしれません。

以上の事を頭に入れながら、母の日のカーネーションの色を決めてみてくださいね。

まとめ

母の日に贈るカーネーションの人気の色や花言葉をご紹介しました。

最近は鉢植えだけでなく、ブリザーブトフラワーやフラワーアレンジメントなど何色か混ぜたようなおしゃれなカーネーションも多く見られますので、チェックしてみてくださいね。

母の日が近くなると注文が殺到しますが、忙しい人はインターネットでの注文が便利でオススメですよ。

私は楽天で送料無料+3月の早割でもう注文しちゃいました♪
>>母の日カーネーション一覧(楽天)
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

関連記事
[blogcard url=”https://news-neta.com/hahanohigibomessege-7964”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA