鯉のぼりの工作│幼児でも簡単に作れる牛乳パックのアイデアまとめ


5月5日は子供の日です。

風におよぐ立派な鯉のぼりも素敵ですが、手作りした鯉のぼりも温かみがあってそれに負けないくらい素敵ですね。

何より手作りの鯉のぼりは作る過程の楽しさが味わえます。

そこで、小さいお子さんでも作れる牛乳パックを使った工作のアイデアをご紹介します。

簡単に作れる牛乳パックの鯉のぼり工作

一番簡単なのは牛乳パックを横にして周りにいろがみを貼り、鯉のぼりに見立てる方法です。

作り方が次の通りです。

①牛乳パックをよく洗い、飲み口部分にV字の切り込みを入れる。
②切り込みを入れた方を尾びれに見立て、周りに好きな紙を貼る。
③張った紙に顔や鱗、好きな模様を描く。

この3つの工程だけで作る事ができるので、小さなお子さんも作りやすいかと思います^^


こんな風にぐるりと貼ってもよし


タイヤを付けて車にしても可愛いですね。


こんな風にあえて飲み口を顔側にして、縦にいくつか重ねて棒に通すと、ぐっと本格的になりますね!

次に、どこか一面を切って、小物入れやバッグにする方法です。

①牛乳パックの4つの側面のうちどこか一つを切る。
②残った3面に好きな色紙や色画用紙を貼り、左右どちらかを尾びれにする。
③鯉のぼりの模様を描きます。このとき切り絵のように模様を貼っても楽しいと思います。
④バッグにする場合は向かい合う両側面にパンチで穴を開けて持ち手をつける。

中にお菓子やアメを入れてあげると見た目もかわいいし、お子さんも喜ぶのではないでしょうか。

紙の代わりに布やボタン、リボンやマスキングテープなどを使っても可愛くなりますよ♪

最後にこんなかわいい鯉のぼりをご紹介します。


牛乳パックとトイレットペーパーの芯を使って作った置き型タイプの鯉のぼりです。

テーブルの上なんかにちょこんと乗っているとほのぼのしそうですね。
****

手作り鯉のぼりの飾り方

せっかく作った鯉のぼりですので、どうせならかわいく飾りたいですよね。

そこで、こんなアイデアはいかがでしょうか。

【モビール風に】
うまくバランスをとってモビール風に飾るのはどうでしょうか。

例えばこんな感じに


ゆらゆら揺れて風にはためく鯉のぼりとはまた違った趣がありますよ。

【ガーランド風に】
鯉のぼりというと縦に連なるイメージですが、糸に通して横に飾るとガーランド風になります。

https://twitter.com/kutikono82/status/716483113409323009
お部屋の中に飾るときにはこんな風に飾るのもオシャレでかわいいな、と思います。

【タペストリー風に】
鯉のぼりの背景に雲や草花を加えてタペストリー風にしてみるのもひとつのやり方です。

https://twitter.com/takatomo0701/status/721146671225176065
背景は描いてもよし、紙や布で手作りしてもよし、折り紙で作るのも楽しそうです。

まとめ

牛乳パックを使って鯉のぼりを手作りする方法をご紹介しました。

牛乳パックの代わりに紙コップやトイレットペーパーの芯などを使って作ることもできますよ。

手作りの良いところは、上手にできても嬉しいし、ヘンテコに出来上がってもそれはそれで楽しいところです。

お子さんと一緒に作れば、それだけでいい思い出になりますね^^

皆さんも身近にある材料を使って色とりどりの鯉のぼりを作って楽しんでみてくださいね。

関連記事
[blogcard url=”https://news-neta.com/%E3%80%90%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%91%E9%AF%89%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A%E3%82%84%E5%85%9C%E3%82%92%E6%8A%98%E3%82%8A%E7%B4%99%E3%81%A7%E6%8A%98%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81-4637”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。