【結婚式】受付依頼する時の付箋メッセージ何と書く?文例一覧

結婚式の受付をお願いする為に
付箋メッセージを作成しようと思っているあなた。

何と書けば良いか迷っているあなたへ
例文をご紹介しますので、良かったら参考にしてください^^

付箋メッセージとは

招待状レターセット 付箋メッセージは招待状とは別に
連絡の文を書いたメッセージカードです。

個別の御礼、お願いなど内容は
その時々で違いますがメインの
手紙に添えて使います。

メインの招待状と一緒の便箋ではもしかしたら
見落とされてしまうかもしれない文面。

それに招待状はまとめて印刷した方が
作業の効率も良くなり、普通の招待状
との区別もつきやすくなります。

サイズを変えたり、少し厚めのカードなどで
入っているのが分かるようにしましょう。
見逃しの無いよう気を付けて下さい。

今回の場合は結婚式の受付のお願いです。
結婚式でお願いすることは様々ですよね。

予め承諾を貰っていても、付箋メッセージで
御礼の旨を伝える言葉を書き添えておくのが
望ましいです。

まだ挙式時間の日程などが詳しく分からない
段階で同意をして貰っている場合などは
当日の時刻の連絡も書き添えます。

式の当日はどうしても自分たちでは案内を
するのは困難になりますので当日に不安が
無いようにしておきましょう。

付箋メッセージは入れ間違いの無いように
することが一番大事です!

****

付箋メッセージの文例一覧

合掌お願い
既に誰にお願いするのかを決めている時は
メッセージを送るだけです。

受付のお願いはどうしても遠方から来る人に
負担になりますので、すぐに連絡が取れる
相手にお願いしている事が多いでしょう。

文面の内容は、依頼をするか既にしているか
で変わってきますので簡単な例を考えてみました。

通常の招待状よりもサイズが小さいことを
想定していますので短めの文面で
状況に合わせてまとめましょう^^

<時間の連絡を添えて>
誠に恐れ入りますが 当日受付係を
お願いしたく
(午前・午後)()時()分まで

式場()にお越し下さいますよう
お願い申し上げます

===
予め承諾を得ている場合は時間の連絡が
主体で良いでしょう。

<お願い>
誠に恐れ入りますが 挙式当日の
受付係をお願いしたく存じます
出欠の旨と、ご都合をお聞かせ下さい

また改めて連絡を差し上げますので
お返事頂ければと思います。

===
恐らく結婚式が決まった時点でプランで
話していると思いますが、もしもまだ何の
連絡も取っていないといった時です。

なるべくならこういった事を避けるように
結婚式の計画立ての時に意識して下さいね。

いずれの場合も、正式な依頼の文面を
送った後には、電話やメール可能であれば直接会うなど
しっかりと連絡を取っておきましょう!

お願いをする人だけでなく、他にも
サポートについて話をしておきましょう。

遠方からの親戚など、新郎と新婦の側で
全く知らない方も招待されてくるので

当日に慌てないように出来るだけの
準備をして自分たちの支度の間に心配が
無いようにしておきたいですね^^

★合わせて読みたい記事★

まとめ

付箋メッセージは年配の方が
意外と気がつかない事もあるので
あまり目立つ用紙を使うのがおすすめです。

私は付箋メッセージを利用して
出席者全員に一言添えて招待状を
送付しました♪

喜ばれましたよ(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA