【自転車法律】内容とは?イヤホンや二人乗りはダメ?スマホも禁止!

6月から自転車の法律が厳しくなり
取締も強化されましたね。

今まで普通にやってきた事も
これからは呼び止められて指導されるので
十分に注意したほうが良さそうです。

実際に何が変わったのか
チェックしていきましょう!

自転車に乗る時に注意する事

自転車の新しい法律は14項目あるのですが
それは以下のようなものになります。

1、信号機の信号等に従わないこと
2、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行すること
3、歩行者のため通行禁止が標識で表示されている道路を歩行者に注意して徐行しないこと
4、歩道と車道の区別のある道路で車道を通行する等の通行区分を守らないこと
5、路側帯を歩行者の通行を妨げるような速度や方法で進行すること
6、遮断機が閉じようとしている時、閉じている時、警報機が鳴っている間に踏切に入ること
7、交通整理の行なわれていない交差点で他の車両の進行を妨害すること
8、交差点で右折するときに他の車両の進行を妨害すること
9、環状交差点で他の車両の進行を妨害すること
10、指定場所で一時停止しないこと
11、歩道を走る際に指定部分を徐行せず、また歩行者の通行を妨げるときに一時停止しないこと
12、制動装置等を備えていない自転車を運転すること
13、酒酔い運転
14、安全運転の義務の規定に違反する行為

禁止事項も色々書いているのですが
あいまいな部分も色々ありますよね・・

具体的に知っておかないと
いつもやっている事が実は
法律違反だった!!

なんて事があるかもしれませんので
禁止事項を頭に入れておきましょう。

【禁止事項】
・遮断機が下りたのに踏切に入る
・一方通行無視
・右側走行
・二段階右折無視
・並走運転
・無灯火
・一時不停止
・自転車の二人乗り
・イヤホンをしながらの自転車走行
・傘をさしながらの自転車走行
・自転車を走行しながらのスマホ閲覧
・信号無視
・ブレーキ不装着
・お酒を飲んだ後の自転車走行

これまでにも法律で決められている事も
たくさんありますが車並みの法律ですね。

このような行為を3年で
2回以上警察から注意を受けた場合・・

3時間の安全講習が義務付けられています!

講習費用はなんと5,700円!!
ひぃ、高い(´Д`;)

高いからサボっちゃお・・
なんて思ったら大間違い。

この講習に3ヶ月以内に出席しないと
五万円以下の罰金が処されるのです。

ただ、都道府県によってはイヤホンは
片耳OKな地域もあるそうなので住んでいる
地域の法律も確認する必要がありそうですね。

ちなみに14歳以下には適用されません。
中学生以上って事ですね。
****

みんなの声は?

Twitterでもこの法律について
書かれている方が多いです。

みんなの声をチェックしてみましょう。

https://twitter.com/OISKNAI/status/605387039635152896

https://twitter.com/eatcyan/status/606103614738685952
こんな事もあるんですね。いい迷惑(笑)

https://twitter.com/eatcyan/status/606094183841939456
笑ってしまいましたヾ(@^▽^@)ノ

皆さんも自転車の乗り方には
注意して安全走行してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA