ローストチキンの残りで作る簡単リメイク料理のまとめ


クリスマスのご馳走というと、真っ先に思い浮かべるのが、ローストチキンですよね。

チキンを丸ごと使ったローストチキンがあるだけで、食卓が豪華になってクリスマス気分も盛り上がります。

けれども、ケーキやサラダなどなど・・他のご馳走もたくさんあって、せっかくのローストチキンが1日では食べきれず残ってしまった‥という事も多いのではないでしょうか。

そんな時は、少し手を加えることで、一味違ったお料理に生まれ変わらせることができるんですよ。

そこで、余ったローストチキンをもう一度楽しむことのできるリメイク料理をご紹介します。

ローストチキンの残りで作るリメイク料理とは?

比較的簡単に作れるリメイク料理をピックアップしてみたので、是非参考にしてみてくださいね。

親子丼

クリスマスの日は目に鮮やかな洋食が中心の料理が多いので、次の日は和食が食べたくなる方も多いのではないでしょうか。

そんな時はローストチキンを親子丼にリメイクしちゃいましょ!

作り方は、チキンの身を外して食べやすい大きさにスライスし、玉ねぎとだし汁とお醤油、みりんでお好みの味に味付けします。

チキンにしっかり味が付いているので、味付けは薄めを心がけるのがポイント♪

最後に溶きほぐした卵を加えてさっと煮て完成です。優しい味にホッとしますよ( *´艸`)

チキンサラダ2種

ローストチキンはしっかりと味がついているので、サラダとの相性もバッチリなんです。

今日は2種類のサラダレシピをご紹介しますね。

【サラダ1】
ちぎったローストチキンの身に、レタスやきゅうり、玉ねぎやミニトマトを合わせ、イタリアンドレッシングで和えます。

いつものサラダにチキンが加わることでコクが出て、食べ応えのあるサラダになります。

アボカドや豆類、ゆで卵を加えればコブサラダ風にすることもできますよ。

【サラダ2】
食べやすい大きさにカットした水菜と、レンコンを薄くスライスして油でカリッと揚げたレンコンチップス、ちぎったローストチキンの身を、ポン酢、オリーブオイル、おろしにんにく、マヨネーズ少量と和えるだけで完成!

揚げたレンコンチップスの食感がアクセントになり、おいしいサラダになります。
****

炊き込み御飯

ご飯と一緒に骨付のまま炊き込めば、おいしい炊き込みごはんができます。

余ったチキンの量が少なければ、鶏肉を足してみましょう★

人参やしめじ、ゴボウなどお好みの具材と、ローストチキンのタレがあれば一緒に入れて炊いてください。

更に、しいたけの戻し汁を加えると、香りが良くなりますよ。

ちなみに、具材をバターで炒めて、コンソメを加えて炊き込めばピラフに早変わり!

チキンスープ

チキンのお肉はきれいに食べてしまっても、骨は残りますよね。

この骨とお水を鍋に入れて、コトコト煮込むだけでおいしいスープが完成しちゃうんです♪

時間があるときは水を足しながら数時間煮込み、濾し器でこしてできあがりです。

長く煮込むとこってりした味に変化していきますが、1時間足らずでもいい出汁が出ておいしいスープが取れます。

できたスープは塩で味を整えてそのままスープにしてもいいし、ラーメンや雑炊にしてもおいしいですよ^^

みんなのアイデアをチェック!

実際に作ったローストチキンのリメイク料理を、Twitterでチェックしてみましょう。

https://twitter.com/yumigawa/status/680714401104543748
窯出しドリアってネーミングだけで、絶対美味しい奴(笑)


トルコライス風で、カフェ風に仕上がっていますね。翌日のランチに良さそう!

https://twitter.com/cidre_calvados/status/328378989456551936
ラーメンの具やスープの出汁として使うと、良い味出ますよね!

美味しそうなレシピばかりなので、わざとローストチキンを余らせたい気分になるかも(笑)

どれも簡単に作れるレシピばかりなので、是非チャレンジしてみてください。

まとめ

ローストチキンだけで食べると、結構飽きてしまうので、毎年必ず残ってしまう家庭って多いですよね。

しかもクリスマスは何かとお金もかかるので、翌日はリメイク料理で経済的に済ませたい主婦心(笑)

チキンの美味しさを丸ごと生かせるリメイク料理に変身させて、経済的&時短料理でママも楽しちゃいましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA