【サンタクロース】手紙の送り方※住所や宛先はどう書けばいいの?

サンタクロースに手紙を送るのは
有料サービスしかないと思っていた私。

実は本当のサンタクロースに
無料で送る方法もあるって聞いたのです!

本物のサンタに手紙を読んでもらえるって
なんだか夢のような話ですが手紙の送り方を
ちょいと調べてみました^^

サンタクロースへ手紙を送ろう

b3a31e0629a63e7ff58690ee3fa09fee_s
サンタさんへの手紙は世界150カ国の
子供達から届いています。

その世界中の中でも日本の子供達の
手紙が一番多いのだそうです。

子供のうちにクリスマスのサンタさんの
プレゼントを楽しみにすることを
沢山教えられて育っているからこそ
なのかもしれませんね(^^)

手紙の受付は毎年9月の末から
始められています。

お返事希望の時に今のうちから準備を
しておいて良いと思います^^

日本では賑やかで楽しいことが多いイベント
なのでサンタさんに手紙を書いて返事が来たら
本当に楽しい嬉しい思い出ですよね♪

家族からのプレゼントも嬉しいと思いますが
サンタさんからはやっぱり特別なものです。

住所や宛名は?

宛先は各国のサンタクロースへの
郵便を受け付けてくれる窓口があるので
そちらに送ることが出来ます。

エアメールで国際郵便を
依頼することも出来ます。

代表的なのはフィンランドと
カナダの窓口になっています。

海外に手紙を出す時は日本と
宛名の書き方も違うので注意が必要です。

名前を最初に書いて、番地と地区
市、県、国と範囲が大きい場所を書いていきます。

<カナダ>
SANTA CLAUS

NORTH POLE
H0H 0H0
CANADA

というのがカナダの窓口への宛先です。
他には無い住所ですね。

<フィンランド>
SANTA CLAUS

SANTA CLAUS
MAIN POST OFFICE

FI-96930 ARCTIC CIRCLE
FINLAND

サンタクロース村の郵便局への宛先です。
直接の宛先も見かけましたがこちらの方が
窓口専用の住所で分かり易いと思います。

<フィンランド・直接の宛先>
JOULUPUKKI

SF-99999
KORVATUNTURI
FINLAND

となっています。

日本の窓口経由でなく、郵便局に直接手紙を
持って行く時にはこちらの宛先を使います。

発送の手順をご紹介します。

封筒には蓋をしないで郵便局に持っていく

国際返信用切手を一枚買う

国際返信用切手を入れて封筒を閉じる

エアメールをお願いしますと伝えて
切手を貼って貰います。

※料金は封筒の重さで変わりますが全体で
大体400円ほどだそうです。

<差出人名>
差出人の名前も勿論書きます。
宛先と同じように名前から書いていきます。
アルファベットの大文字で書きます。

名前
地区・地番

都道府県
郵便番号
日本(JAPAN)

の順番で書きます。

アルファベットがまだ分からない時には
お父さんお母さんが書いてあげましょう。
****

手紙の内容は?

da72d570d3b7b73d985e12db4ea8399f_s
フィンランドに送る分には日本語でも
英語でも文面は大丈夫なんだそうです。

しっかりサンタクロース村に届くように宛先
それから返事を貰うために自分の名前を
書くようにします。

手紙の内容は、自己紹介。
自分が何歳か、どこに住んでいるのか。

何が好きか、普段何を頑張っているのか
などを書きます。

それから欲しいものを書きましょう。
例えば・・

 

こんにちは

私の名前は○○です。

日本の▽▽に住んでいます。
小学3年生の9歳です。

(習い事・勉強・運動)を頑張っています。

お家でもお母さんのお手伝いを頑張って
います。

クリスマスプレゼントに()が欲しいです。

プレゼントで()が貰えたら嬉しいです。

 

 

というのを翻訳エンジンで英語に
直しても良いと思います。

普段皆さんが頑張っていることと
欲しい物を書いて下さいね。

返事は貰えるの?

サンタさんは遠くに住んでいる上に
凄い数の手紙を貰っています。

自分で書いて郵便局から送った時には
返信を貰うのはかなり低い確率だと
言われてます。

なので返事を貰うのは大変な事だと
考えておいた方が良さそう^^;

ただ、返事が届く確率を上げるために
必ず封筒に返信用の切手を入れておくのを
忘れないようにしましょう!!

もしも返事が貰えたら最高の
プレゼントになりますよね(*^_^*)

まとめ

有料のサンタクロースから届く手紙は
確実に返事が届きますがちょっと
夢がない気もするんですよねぇ。

なので今回は無料でサンタさんに
送れる宛先をご紹介しました。

我が家も今年はチャレンジしてみて
気長に待ってみようかなと思っています。

ワクワクしますね~(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA