新入社員の自己紹介│社内報を書く時のコツと例文まとめ


厳しい就職活動を乗り越え、めでたく新入社員となった皆さんにとって、地味に頭を悩ますのが社内報に載せる自己紹介文の内容です。

会社の人にさりげなく自分をアピールし、少しでも早く新しい環境に馴染めるよう、自己紹介文を書くコツや例文をご紹介します!

社内報で自己紹介を書く時のコツ

新入社員の場合は、会社の中でも注目を浴びていますので、よけいに書く内容を考えてしまいますが、次のコツを抑えると書きやすいのではないでしょうか。

【自分自身のプロフィールを入れる】
自己紹介ですので、出身地や学校でどんなことを学んできたか、学生時代頑張ったことなどを盛り込みます。

【長所と短所】
性格的なことも書きます。

長所だけでなく、短所も忘れずに書くと親近感を感じてもらえるかもしれません。

短所は裏を返すと長所になることもありますし、逆もまたしかりです。

短所について直したいと思っているならそのことも素直に書くと好感が持てますよ。

【社内での抱負】
会社の中でどんなことを頑張っていきたいか、抱負をアピールしましょう。

この時、コツ1、2で書いたことを踏まえて抱負につなげると文章がスムーズですね。

既に少し仕事をしている場合は、その中で感じたことや、新たに生まれた目標なども書くといいでしょう。

【意外性のある情報】
もしも、自分に意外な特技や、経歴があり、それを披露してもいいかな、と思うのであれば、それも書き入れましょう。

例えば、「剣道4段です」とか「かなり大きな鯛をさばけます」とか、「6人兄弟の2番目です」とか。

頭に残るのはむしろそんな情報だったりするものです。
****

社内報を書く時の例文

では、コツを踏まえて例文をご紹介しましょう。

 

初めまして。〇〇〇〇と申します。この度〇〇課に配属されました。
学生時代は経済学部で地域振興について学んでいました。
ゼミ活動で地域の方と一緒にイベントを企画し実行したのですが、それを無事成功させた経験が何よりの今の自分の財産となっています。

私の最大の武器は体の丈夫さです!
中学高校と一日も休むことなく登校しました。
丈夫な体に産んでくれた両親に感謝しています。

私は優しいとよく言われますが、自分から人前に立つのはどちらかというと苦手です。
ですが、この数日、皆さんの仕事に対する熱意に触れ、これからは自分から積極的に仕事を見つけ、皆さんに可愛がってもらえるよう頑張りたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

 

と、こんな感じです。

新入社員にとって、仕事ができることと同じくらいに大切なのは、人に可愛がられることです。
自信を持つのは大切ですが、「私はコレとコレができてこんなことをしたいです!」という文章よりも

「こんなダメなところがあるけれども、これをしたいという気持ちは誰にも負けません!」という文章の方が良い印象を持ってもらえるかもしれませんね。

自己紹介文には謙虚さをにじませつつ、自分のアピールポイントをしっかりPRするようにしましょう。

まとめ

社内報なら自宅でじっくり考えて自己紹介文を書く事が出来るので、人前で話すと緊張して思うように伝えられないという方は、社内報での自己RPに気合を入れましょう。

社内報で掲載される顔写真の撮影もあるかもしれません。

いつ写真を撮影されていも良いように、身なりに気を配って出社してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA