【小学校の入学祝い】甥や姪への相場はどれくらい?いつ頃渡すの?

今年は我が家の息子も小学校へ入学するのですが
弟の子供も同じ年齢なので入学祝いを渡す予定です。

しかし、相場がわかりません^^;
それにいつ渡したらいいのかって
いうもハッキリしない・・・

そこで今回は、のしに入れる金額と
渡す時期について調べてみました。

入学祝いの相場とは

入学祝い

入学祝いは、ごく親しい間柄でのことで
親密に付き合っている親族または
同等の付き合いをしている人に対するものです。

 

叔父・叔母の立場としてであれば
相場としては1万円が多いようです。

 

1万円ですから、袋はお祝い用の
赤と白の水引がプリントされたものでも十分!

 

金額と吊り合わない豪華な袋は
マナーに反するのでご注意あれ!(`・ω・´)

 

小学校に進学するのは
これまでと違って大きなステップです。

 

中学校や高校生とも違って
学問の入り口に立つ最初の節目^^

 

私も小学校の入学式ものすごく楽しみだったのを
覚えています。懐かしいな(笑)

 

息子も甥っ子も学校へ行くのを今から
楽しみにしてるのでいつの時代も気持ちは同じですね♪

 

我が家の場合は、同じ年に入学ということで
お互いお祝いを渡さないのも手かな・・
と弟と話もしたのですがそれでは淋しいねという結論に。

 

なので、お互い1万円を包む事を
話し合って決めました。
****

いつ頃渡すのがベスト?

いつ渡すか

金額は決まったとして
次に気になるのはいつ頃渡すのが
ベストなのか?ということです。

 

あまりに早すぎても微妙だし、
入学式が過ぎてから渡すのもちょっとなぁ…(--;)
という感じですよね。

 

調べてみると入学式の3週間前
位に渡すのが良いみたいです。

 

つまり3月の頭頃には
渡せるようにしておくと良いですね^^

 

例え遅くなっても4月中に渡せれば
マナー違反にはならないと思います。

 

遠くに住んでいて会う機会が無いのであれば
後から渡すことになっても、のし袋を現金書留で
送るのがいいですね^^

 

ただし!現金だけを送るのではなく
必ずのし袋の中に入れて送ってくださいね^^

 

今回の入学式のように時期が予め決まった行事に対しては
早めの対策をしておくのがベストです!

まとめ

私はこれまでイトコの子供には
1万円の入学祝いを渡していました。

 

甥っ子、姪っ子でも
金額の相場は変わらないようですね^^

 

入学祝いを頂くのはありがたいですが
その後、何をお返しに渡すべきなのか
また悩むところ。。。どうしよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA