ホワイトデーのお返しの意味│マドレーヌやチョコ入りマシュマロは?


ホワイトデーのお返しはどうしよう?と悩んでいるあなたへ。

実は渡すお菓子の種類には、それぞれ意味が込められているんです。

お返しによく使われるマシュマロは、「あなたが嫌い」という意味があるのですが、チョコ入りマシュマロだとまた違ったニュアンスの意味があるそうですよ。

今日はマドレーヌやチョコ入りマシュマロのお返しの意味を調べてみました。

ホワイトデーに渡すお菓子の意味

まずはホワイトデーによく贈られている、定番スイーツの意味をザッとチェックしてみましょう!

 

マシュマロ=あなたが嫌い

キャンディ=あなたが好き

クッキー=大切な友達

マカロン=特別な人

渡すお菓子によって意味が全く違うので、義理なのにキャンディを贈ってしまうと、相手が勘違いする事も希にあるようです^^;

マドレーヌの意味

実はマドレーヌには、特にホワイトデーに関連した意味がないんです。

貰うと嬉しいけどこれといった意味が無いマドレーヌ・・つまりマドレーヌは可も不可もない、義理チョコのお返しには最適なんです♪

職場の女子へのお返しにもピッタリかもしれません。でもマドレーヌって意外と高かったりするんですよね^^;

大量購入の場合はマドレーヌより、クッキーを渡した方が安く済むかも(笑)

チョコ入りマシュマロの意味

最初にご紹介した通りマシュマロは「あなたが嫌い」という意味があります。

それがチョコ入りマシュマロになると、意味が違うの?と疑問に思うのですが、結論からいうとチョコ入りでもマシュマロはマシュマロ!
・・よって同様に「あなたが嫌い」という意味になってしまいます。

マシュマロがこのような意味になったのは理由があって

「ふわふわとしたマシュマロに、貴方の気持ちを包んでお返しします。」

と、やんわりとバレンタインの気持ちの、お断りをしたいという見た目の感じからつけられた意味なのです。

ホワイトデーにマシュマロを渡す男性も多いのですが、知らないうちに相手を傷つけている場合もあるかも!?

女子って意外と気にしてるので注意★
****

ホワイトデーは3倍返しってホント?

ホワイトデーは3倍返し、と言われる事もありますが、義理でも3倍返しをするべきなのでしょうか。

実は3倍返しというルールは、昭和時代のバブル期の名残なんです。

不景気な平成の世、義理なのに3倍のお返しを渡す人は、現在ほぼいないでしょう。

最近のホワイトデーに渡す金額の目安は、相手から貰ったプレゼントと同額程度のものとなっています

逆に義理チョコで贈ったのに、高価なプレゼントを渡されても怖い・・という女性も多いですよ^^;

結論としては、本命には3倍返しをしても、義理は同額のものを贈ろう!といった感じです。

ただ、管理人から一言★

クッキーやチョコなどお菓子系を買うなら、量が少なくても美味しいお菓子を選んで欲しいです。

近頃の女性は味覚が肥えています。

例えば聞いたことないブランドのチョコ20個入りを貰うよりも、ゴディバのチョコを1粒もらう方が嬉しい!と女子は思っちゃいますね。

参考にして頂けたらうれしいです。

まとめ

男性は意味も知らずに適当に、お菓子を渡す事も多いかもしれませんね。

いちいち覚えてらんないわ・・と旦那が横でつぶやいてます(笑)

ところが女性は対照的に貰ったプレゼントに込められた意味をじーっと考えてしまう生き物です。

今年のホワイトデーは、本命と義理のお返しをしっかり考えつつ、贈ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。